-中国語あれこれ
--鄭老師の漫談--
(72) 中国語会話 中級プレミアム・レッスン
【中国流の説得法】
没有功劳也有苦劳,没有苦劳也有疲劳/你叫我怎么做人啊?

…功績はなくても苦労はしています…/人間廃業するしか道はないではないか …
情に訴える(その3)
日本語の「豊か」に当てはまる中国語といえば、“
丰富fēng-fù”を思い浮かべる人は多いでしょう。でも、話はそれだけでは終わらない。まず気になるのは「豊か」の語義は範囲が広く、「豊かな資源/経験/精神/暮らし/国/森…」などと使えますが、“丰富fēng-fù”はどうであろうか、という点です。では、まず次のフレーズをみてみましょう。

★「豊かな森・雨量・果実」 VS.丰茂…/丰沛…/丰硕...
一般的に、「豊かな経験」は“
丰富的经验”、「豊かな森」は“丰茂的森林”、「豊かな雨量」は“丰沛的雨水”、豊かな果実は“丰硕的果实”と訳されます。同じ「豊か(=“丰fēng”)」でも、森林なら“丰茂”、経験・資源なら“丰富”、雨量なら“丰沛”、果実なら“丰硕”などとキメ細かく使い分ける点に特徴があります。

ひと口に「豊か」といっても、事物によってその態様や中身は異なるものです。その微妙な違いを中国語はそれぞれもう一字の“
富fù”、“茂mào”、“沛pèi”、“硕shuò”の助けを借りて、イメージ豊かに表現するわけです。つまり、それぞれに「富む」、「茂る」、「沛然たり(大雨が降る様子)」、「碩たり(大きくて中身が詰まっているさま)」の意味が加わり、「豊かさ」の態様や内実を的確に具体化しています。そこはまさに漢字に秘められた「漢字力」の凄さが遺憾なく発揮されています。

それと同時に、これらの形容詞“
丰富”、“丰茂”、“丰沛”、“丰硕”を述語にした主述フレーズ──“经验丰富”、*“森林丰茂”、“雨水丰沛”、“果实丰硕”などの仕組みにも慣れておく必要があります。こうした四字熟語は物事を多面的に描写したり、説明したりするときに役立つからです。その点は別の機会に述べることにします。*“森林茂密”もよく聞かれる言い方です。

ハァ… 前掲の形容詞“丰○”グループに対して、名詞のジャンルにおいても、似たような現象が見られます。その一例が“
功劳”、“苦劳”、“疲劳”などの「○劳」グループです。(✴ほかに“耐劳”“操劳”“酬劳”“效劳”などがあります)
努力が報われて功績を上げた場合は“
功劳”であるのに対して、目標に向かって辛抱強く努力するプロセスは“苦劳”で、これはまだ結果を出す前の段階の話。これに対して、心身が消耗して疲れた状態が“疲劳”です。ただ、言葉のスケールとして、“疲劳”は“功劳”や“苦劳”に比べて格段に小さくなっています。なぜならば、“疲劳”は辛抱強く努力したかどうかや、成果は上がったのかどうか、これらすべてが不問に付されており、話が単に「仕事後の体力減退・体調不良」のみに絞り込まれているからです。
では前話に引き続き、情に訴える説得フレーズの例文を見てみましょう。

1.我这么做也是为了混口饭吃。
2.他是你的顶头上司,应该请他做媒。否则,也不太近情理了吧。
3.我没有功劳也有苦劳,没有苦劳也有疲劳。
4.你难道一点都不考虑别人的感受吗?
5.我一时鬼迷心窍,请放我一马。


★語注 :
混饭hùn fàn;【離合動詞】飯にありつく/どうにか暮らしてゆく ●顶头上司dǐng-tóu shàng-si;【名詞】直属の上司 ●不近情理bú jìn qíng-lǐ;【成語】情理に外れている ●鬼迷心窍guǐ mí xīn-qiào;【成語】亡霊に心を惑わされる/魔が差す ●放他一马fàng tā yī mǎ;【動詞句】(人に対して)手加減する/寛大に処置する/馬に乗って逃走しようとする者を逃がす(✴一説によれば、「赤壁の戦い」に敗れた曹操が馬に乗って華容道から逃走する際、待ち伏せていた関羽に出くわして絶体絶命のピンチに陥ったが、関羽は道を開けて馬上の曹操を逃がした。そのわけは、曹操に往時の恩義を感じる関羽が忠義を貫いたからだ、との故事から生まれた言い方)

★解説 :
▲例文1“
我这么做也是为了混口饭吃。”は「私だって、どうにか飯にありつけるためにこうしたのです」。いわば「自分のしていることは食いはぐれないようにするためだ。目的は生きるためであって、何も好き好んでこんなことをしているわけではない」とやんわり自己弁護する言い方。場合によっては「自分は食うためにやったことなので、たとえそれが不正行為であっても、そこは容認してほしい」と哀願する言い方にも使われる。この言い草は“民以食为天(民にとって食は命)”という伝統の社会通念を拠り所にしているに違いありません。

▲例文2“
他是你的顶头上司,应该请他做媒。否则,也不太近情理了吧。”は「あの人は君の直属の上司なのだから、当然媒酌を頼むべきです。さもないと、人情に背き、筋の通らない話になってしまうと思うよ」。これは日本でも通じそうな義理人情の話です。

▲例文3“
我没有功劳也有苦劳,没有苦劳也有疲劳。”は「私は手柄を立てなかったとしても、苦労だけはしてきたつもりです。さらに言えば、よしんば苦労はしなかったとしても、疲労はしてきたではありませんか」。仕事で好い結果こそ出せなかったけれど、自分の努力は認めてほしいとの主張。
成果主義、能力主義が支配する現代の企業・役所の中で、成果を出せていない社員・職員の泣き言、ぼやきとしてよく引き合いに出される言い方。努力したことに対して温情ある処遇を求める婉曲な言い方でもあります。
類似例文を挙げると、“
我跟了你这么多年,鞍前马后的,没有功劳也有苦劳啊!(長年来、私はあなたに付き従い、忠実に仕えてきました。手柄はなくても苦労だけはしてきたつもりです。※鞍前马后ān-qián mǎ-hòu;【成語】武将の乗る馬に付き従い、よく世話をする)”。下の句“没有苦劳也有疲劳”では、“苦劳”から“疲劳”にストンと話のレベルを落としたところがユーモラスな言い方になっています。

▲例文4“
你难道一点都不考虑别人的感受吗?”は「まさかあなたは、他人がどんな思いで受け止めているのかを一切思いやることはしないつもりなのですか」。他人の立場・気持には目もくれず、あくまで非情に自己中心主義を押し通すのかと非難するような言い方。「心の冷たい人だね、あなたは…」に近いニュアンス。

▲例文5“
我一时鬼迷心窍,请放我一马。”は「私は一瞬、邪念を起こしてしまいました、どうか見逃してください」。人は誰でも魔が差すときはあるもので、出来心によって犯した過失は、例外として容赦してほしいと情に訴える言い方。

★奥深い中国語 ──“做人”
做人”の組み立ては「動詞“做”+目的語“人”」となっており、極めて原始的かつ単純な外見をしていますが、意味するところはとても奥深い言葉です。これに関連して、第52話で“没脸做人”とは中国人にとっていわば「個人存立危機事態」だと述べましたが、情理に訴える表現として、ここで再び取り上げてみたい。
ハイッ!
1.你叫我怎么做人啊?
2.这真不是人干的。
3.我不想让你生活在仇恨中。
4.你为了我也要好好地活着。
5.我们好好工作,也算是对他的告慰吧。
6.下辈子我给你当牛做马也心甘情愿。

★語注 :
告慰gào-wèi;【動詞】慰める ●下辈子xià bèi zi;【名詞】来世 ●当牛做马dāng-niú zuò-mǎ;【成語】牛馬となって奉仕する ●心甘情愿xīn-gān qíng-yuàn;【成語】心から願う/甘んじて受ける

★解説 :
▲例文1“
你叫我怎么做人啊?”は反語文。直訳すると、「あなたは私に対して、どのようにしてまともな人間になれと言うのですかね?(これでは、とてもまともな人間としてやってゆけませんよ)」となります。“”は使役動詞「…させる/…しろと言う」。いきなりですが、価値観や人生哲学の領域に踏み込む例文を取り上げます。

「仁」を核心的価値とみなし、それを基幹に据えた儒教社会において、人として立派に生きるには、そうした道徳規範に合致する行動を取ることが求められます。それが“
做人”です。“做人”とは人生態度或いは処世態度に関わる言い方です。つまり、「まともな人間として生きる」或いは「正しい人間になる」、「身を持して世に処する」、「自分の社会的立場をきちんと守る」、「社会の一員として、人と協調してやってゆく」ことを意味します。ある意味では「尊厳をもって人間らしく生きる」とも言えるでしょう。

この例文の意味を敷衍すると、「まともな人間としてどう生きてゆけと言うのですか?とても生きて行けません!これではもう人間として万事休すですよ、残された道といったら、人間廃業するしかありません!」となります。
人間って…
怎么做人?(✴ここでは反語文)=没法儿做人、つまり「人倫・道義に著しく違背していて、もはや人としてやってゆけない」。これはまさに「人間とは一体何か?」と、人間の根本を問う人生哲学的な意味を表しています。逆に、そこまで人を追い詰めるのはなんともひど過ぎるではないか、とアピールするのにも用いられます。*類似表現→“没脸做人”は「恥ずかしくて人間としてもうやってゆけない」。

▲例文2“
这真不是人干的。”は「これはもはや人間のすることではありません」。人間ならば、絶対にこんなことはしないはずです。人間性を失った行為に対して非難する言い方。

▲例文3“
我不想让你生活在仇恨中。”は「あなたが深い憎しみの中で生きて行くのをほっておくわけにはゆきません」。憎しみから解放してあげたい願望・同情心を表しています。

▲例文4“
你为了我也要好好地活着。”は「あなたは私のためにもしっかりと生きて行かなければなりません」。私の分まで生きてくださいと、死生観を前面に押し出して、生の持つ意義・価値を強調した一つの言い方と解釈できます。

▲例文5“
我们好好工作,也算是对他的告慰吧。”は「私達がしっかりと仕事に取り組むことは、すなわち彼に対する慰めだといえましょう」。私達が立派に仕事に励んでいることを知ったら、きっと彼も慰められ、安心することでしょう。だから、しっかりと仕事に取り組もう、という意味。

▲例文6“
下辈子我给你当牛做马也心甘情愿。”は「来世は甘んじて牛馬となり、あなたにしっかり仕えることを心から願っています」。これは恩返しの決意を述べる時の決まり文句のひとつ。大きなご恩に報いることは今世ではとても無理ですが、来世にはどんな苦役も厭わずに従順に働く牛馬のように、私はあなたに尽くします、との意味。CHU♪
ただ、現世享楽主義の傾向が強い中国人は、来世を信じないので、例文のセリフを額面通りに受け止めるかどうかは大きな疑問です。むしろ冗談やリップサービスで用いる場合も少なくない。なので、恩返しの決意が本物であるかどうかを見極めるには、やはり“
听其言观其行(その言を聴いて、その行いを観る)”、これが上策でしょう。

(次回第73話に続く)