-中国語あれこれ
--鄭老師の漫談--
(70) 中国語会話 中級プレミアム・レッスン
【中国流の説得法】
我们本是一家人/我对你是真心的。

…私たちはもともと家族同然に親しい仲…/私はあなたに真心で接しているのですよ…
情に訴える
社会における対人関係を位置付けるうえで、中国人の考え方には一つの特徴があります。緊密度・親密度を身近な家族、兄弟姉妹、肉親、親族の関係や友人関係に擬する発想・志向が強いことです。そして、こうした発想に基づく言動が人間関係の距離を縮めて、相互の緊密化を促すきっかけを作ります。

その好例が“
这位大哥,请借个火 (こちらのお兄さん、ちょっと火を貸してくださいな)【第39話「出会いの言葉」】参照”や、“我们俩五百年前是一家(私達、五百年前は同じ先祖ですよね!)【第27話「縁にこだわる中国人」】参照”。

下記の例文をみると、キーワードはそれぞれ“
一家人(家族/家族も同然)”、“姐妹”、“亲人(肉親/身内)”、“做父亲的”、“朋友”となっています。いずれも聞く者を人間らしい感情の世界へ誘うような響きがあります。家族 デース♪
1.我们本是一家人。
2.我们不是姐妹,胜似姐妹。
3.你也是做父亲的人,应该体谅他的苦衷。
4.互报姓名,我们这就算认识了,以后是朋友了。

★語注 :
本běn;【副詞】元来/もともと ●胜似shèng-sì;【動詞】…より優れる/勝る ●体谅tǐ-liang;【動詞】相手の気持ちを慮る/察する

★解説 :
▲例文1“
我们本是一家人。”は、「私たちはもともと家族同然に親しい仲だった」。過去の親密な関係を想起させる言い方。現在の好ましくない関係を修復したいとか、正常化すべきだとの意思表示に使われることが多い。

▲例文2“
我们不是姐妹,胜似姐妹。”は「私たちは実の姉妹ではありませんが、実の姉妹にも勝る間柄です」。類似表現→“我们俩不是亲人,胜似亲人(私たち二人は肉親ではありませんが、肉親にも勝る間柄です)。”

▲例文3
“你也是做父亲的人,应该体谅他的苦衷。”は「あなたも人の父親として、彼の苦しい心中を察してあげなければなりません」。つまり、家族を愛し、その健康と安全を守ること、働いて生活収入を手に入れ、子供を養育することなど、どこの家庭の父親も同じ責務を担っている。だから、父親同士は理解し合い、同情し合うことができるはずだ、と人情に訴えています。

▲例文4
“互报姓名,我们这就算认识了,以后是朋友了。”は「互いに名を告げ合えば、もう私たちは顔見知りです。これからは友達の間柄になりますね」。 人間同士は初対面を済ませれば、おのずと友人関係になってゆくものだという前向きの意識がこのフレーズに強く表れています。

人間同士の関係の親密さを例える言葉は多い。その中でも“
比翼鸟・连理枝(夫婦愛のシンボル )”、情同手足(無二の親友)、“刎颈之交(刎頸の交わり)”などがよく知られています。下記の例文は、いずれも情に訴えるフレーズですが、ストレートな切れ味が際立っています。

1.我这么做是为你好。
2.我对你是真心的。
3.你在我心里太重要了。
4.你在我的心中早已无可替代。
5.没见着你最后一面,我哪舍得走啊?
6.你们都几十年的夫妻了,还有什么过不去呢?
7.我们情同手足,难道还有什么话不好说吗?
8.我们是兄弟,对吗?是兄弟,你就帮我。
9.看在你我兄弟相称的份儿上,帮我渡过眼下的难关吧。
10.看在你我多年的情分上饶了我这回吧。
11.我知道你不会见死不救,就算我求求你了。


★語注 :
无可替代wú kě tì-dài;【成語】取って代わることができない ●舍得shě-de;【動詞】思い切れる/惜しまない※舍得走【動詞句】未練を残さずに立ち去ることができる ●过不去guò bu qù;【動詞句】暮らしてゆけない/やってゆけない ●情同手足qíng tóng shǒu-zú;【成語】仲が良くて兄弟のようだ ●刎颈之交wěn-jǐng zhī jiāo;【成語】生死を共にするほどの親しい交わり ●看在…的份儿上kàn zài…de fènr shang;【動詞句】…の情況に鑑みる/…の事情・気持ちを汲む ●情分qíng-fen;【名詞】よしみ/義理/情誼 ●见死不救jiàn-sǐ bú jiù;【成語】見殺しにする

★解説 :
●例文1“
我这么做是为你好。”は「私はあなたのためを思ってそうしたのです」。

●例文2“
我对你是真心的。”は「私はあなたに真心で接しているのですよ」。
トビキリ 大切!
●例文3“
你在我心里太重要了。”は「あなたは私の心の中でとても大事な存在なのです」。つまり、「あなたは私にとってとびきり大切な人です」。

●例文4“
你在我的心中早已无可替代。”は「ずっと以前から、あなたは私の心の中で掛け替えのない存在になっているのです」。

●例文5“
没见着你最后一面,我哪舍得走啊?”は「最後のひと目も会えずにどうして立ち去ることができましょうか」。つまり「どうしても最後に一度会いたいのに、会わずにあなたから離れて行くのはとてもあきらめ切れない」という切々たる心情を表しています。

●例文6
“你们都几十年的夫妻了,还有什么过不去呢?”は「何十年も連れ添ってきたのに、一緒にやってゆけないわけなどあるはずがありませんよ」。つまり「何十年も苦楽を共にしてきた仲なのに、許し合えないことなどありましょうか?」と不和になった夫婦に対して、忠告ないし仲裁するような言い方。

●例文7“
我们情同手足,难道还有什么话不好说吗?”は「兄弟のように親しい私たちに、まさか言いづらいことがあるというのではあるまい」。つまり、互いの感情がさながら手と足のように仲が良く、親密であるから、どんなことでも気兼ねなく相手に打ち明けられるはずだ。“难道……吗?”→反語文パターンの一つ。“难道nán-dào;【副詞】まさか…ではあるまい”【第33話「鋭い変化球」---反語文】参照

★「はて、手と足はそんなに仲良し?」
そう疑問に思う人がいるかもしれません。でもよく考えてみると、人の日常生活行動において、手と足はまとめて四肢と呼ばれるほど、よく協働する仲良しパートナー。もともと手は前足が進化したものだし、手と足の親密ぶりはいわば兄弟も同然だという意味です。例えば、スポーツ競技において、短距離スピードレースにしろ、やり投げにしろ、手と足のコンビネーションがモノを言います。手と足の仲良しコンビが一心同体となってうまく働いてくれたら、得点を伸ばしたり、優勝したりするに違いありません。逆に手足が仲間割れしてバラバラな動きをしたら、シュートしてもハズレになってしまいます。類似表現;“
唇亡齿寒(唇滅びて歯寒し)chún-wáng chǐ-hán”→「唇」と「歯」の密接な関係の喩え。なお、日本語の「手足」は中国語と違い、ある人の意のままに動く人、例えば「社長の手足となって働く」との用法があるので、混同しやすい。
ヨッ、兄弟!
●例文8“
我们是兄弟,对吗?是兄弟,你就帮我。”は「俺たちって兄弟分だろ?そう思うなら、俺を助けてくれよ」。

●例文9“
看在你我兄弟相称的份儿上,帮我渡过眼下的难关吧。”は「兄弟と呼び合ってきた私たちの間の情誼を汲んで、ピンチに陥っている私を助けてほしい」。

●例文10“
看在你我多年的情分上,饶了我这回吧。”は「私たち二人の長年のよしみに免じて、今回は許してくださいよ」。

●例文11“
我知道你不会见死不救,就算我求求你了。”は「あなたはこの私を見殺しにするはずはありません、その点は分かっているつもりです。頼むから助けてください」。✴“我求求你了。”は「お願いだから!」と懇願するような口調。✴“就算我求求你了。”はこれは身内や親しい友人、馴染みの知人に対して、改まった態度で援助を求める言い方。【第63話 依頼の表現Ⅱ】参照

【情に訴える味な言い回し】
在天愿作比翼鸟,在地愿为连理枝---「天にあっては願わくは比翼の鳥となり、地にあっては願わくは連理の枝となりましょう」。これは「純愛夫婦の永遠の誓い」としてよく知られています。出典は唐代の詩人白居易作の長恨歌。“比翼鸟bǐ yì niǎo”とは、眼と翼がそれぞれ一つしかない雌雄が寄り添い、一心同体となって空を舞うという中国伝説の鳥。“连理枝lián lǐ zhī”とは、寄り添う二本の喬木の中でも、根元から別々に伸びる樹幹の途中で、幹や枝が互いに密着して木目まで連なっているものを指し、仲睦まじい男女を喩えています。

★なかじめのご挨拶
2013年10月より連載して参りました小文「中国語あれこれ/鄭老師の漫談」も今話をもってひと区切り付けさせて頂きます。約3年間、2週間1話のペースでどうにか70話までマラソンコースを走り続けることができましたが、これもひとえに読者の皆様のご支持、ご声援があってのことと、厚く御礼申し上げます。

中国語は悠久にして豊かな中国文明の担体であり、時空を超えて文明を搬送する不死身の「運び屋さん」でもあります。そうした絶え間ない文明・文化の伝播活動の中で、中国語自体も鍛え上げられて奥行きが深まり、汲めども尽きない豊かな言葉に進化してきたと思われます。21世紀に入って以来、世界のさまざまな文明との融合が一段と加速しているこの高速情報化時代において、中国語は絶えず内外の活力素を吸収して、ますます生気を漲らしているように感じられます。

これまでと比べて、スローペースになりますが、今後も折にふれて、のんびりと「中国語あれこれ」を書き綴ってゆきたいと思っています。何卒ご鞭撻のほどよろしくお願いします。
(中日会話学院 鄭 青榮)

(次回第71話に続く)