-中国語あれこれ
--鄭老師の漫談--
(65) 中国語会話 中級プレミアム・レッスン
【中国流の説得法】
我们都是时间的过客 /天下不可能有这么多的巧合
人生は旅人……/この世に偶然の一致がいくつも重なることはあり得ない
★事物の道理/人生の道理/経験則/生活の知恵/利益誘導/人間関係…
中国人が相手を説得するのに用いる表現フレーズには、さまざまなスタイルやタイプがあります。中でも「事物の道理」がよく引き合いに出されます。「人生の道理」も同じく日常の話の中によく登場します。いわば、教え諭すように相手を説得し納得させるわけですが、説得力を強めるために、「経験則」や「生活の知恵」を説くタイプのものも多い。

したがって、これらフレーズを学習することを通じて、中国人の基本的な物の見方、考え方や、人に接する態度、対人関係の処理方法、並びにその思考方法を知ることが可能となります。同時に、日本人や日本社会のそれと対比して、相互間の共通性や相異性を探ることも興味深いことだと思います。

このほかにも、【道徳・道義心に訴えるスタイル】や、【利益誘導するスタイル】、【情に訴えるスタイル】などがあります。とりわけ、【情に訴える説得フレーズ】は人間の心の動きに密接に関連するので、注目すべきポイントではないかと考えます。そうした感性・感情の特徴がよく表現されているフレーズは、中国人の心理および人間関係の処理の仕方を理解するのに役立つに違いありません。

それでは数回に分けて順次に紹介してまいりますが、今回は常識・理屈で説得するスタイルのフレーズ、並びに関連することわざ・成語などを取り上げます。

★相手を説得するのに使われる常用フレーズ集
常識・理屈で説得するスタイル(その1)   ~【事理・人生の道理】 タイプ~
人生って…♪
1. 这是你应该做的。
2. 孩子是无辜的。
3. 军人就不是人吗?
4. 你现在还年轻,将来的路还长着呢。
5. 人都有老的时候。
6. 总有一天我们会老的。
7. 人生有很多事情是不能改变的。
8. 我们都是时间的过客。
9. 人生就这么一辈子。
10.我们都得好好活着。


★語注;
应该yīng-gāi;【助動詞】(道理、道義からみて)当然…しなければならない/…するのは当然だ●无辜wú-gū;【形容詞】罪がない/無辜の

★解説 :
▲例文1“
这是你应该做的。”は「これはあなたが当然しなければならない事柄です」。▲例文2“孩子是无辜的。”は「子供に罪はない」。性善説の立場から子供を善良無辜と看做す言い方。

▲例文3“
军人就不是人吗?”は「軍人だって同じ人間ではありませんか」。世の中には、「軍人は兵器である。人間魚雷がその証拠だ」という考えがありますが、これに対して「軍人とは、読んで字の如く人間であり、兵器ではない」と一般常識を説く言い方。

▲例文4“
你现在还年轻,将来的路还长着呢。”は「君はまだ若く、先はまだまだ長いのですよ」。

▲例文5“人都有老的时候。”は「人は誰でも老境に入る時が来るものだ」。▲例文6“总有一天我们会老的。”は「私たちは結局、いつかは老人になるものです」。

▲例文7“
人生有很多事情是不能改变的。”は「人生の中の多くの事柄は変えられないものです」。人生のやり直しは利かない/人生ドラマの再演はできない。

▲例文8“
我们都是时间的过客。”は端的に言うと「人生は旅人」──私たちの人生を、茫漠とした時間の壮大な流れの中のごく短い一コマを通りすがる旅人に例えた言い方。捉えどころがなく、不可思議な正体不明の「時間」、その絶対的な支配下に置かれたすべての生命体──不可避の「生・老・病・死」現象──そうした宿命を背負って地球上に現われた私たちは、さながらそれぞれの短い人生街道を宿から宿へと渡り歩く旅人のようだ、と説く。これは中国人の人生論に引用される決まり文句のひとつです。

▲例文9“
人生就这么一辈子。”は「人生はたったの一回きり」。▲例文10“我们都得好好活着。”は「私たちはみなしっかりと生きて行かなければならない」。

二つの【助動詞】---“应该”と“要”の相異は?
▲前掲の例文の中で、【助動詞】“
应该”に中国的特色を感じます。「道理、倫理道徳、条理からみて、人は当然…しなければならない/…するべきだ」との意味を内包し、儒教思想が色濃く投影しています。一方、【助動詞】“”は、ある目的を達成するために行動する必要・義務があることを示し、「(目的達成のために)……する必要がある/……しなければならない」という実務的な意味合いが強い。“”は生活行動の効果・成果を重視する実用主義的色彩の強いものだといえます。

実例を挙げてみましょう。“
学生应该好好学习”は「(親の期待に応え、教師の恩に報い、学校の掲げる人材養成の理念・目的に応えて、当然)しっかりと学業に励むべきである」と深読みすることができますが、“学生要好好学习”のほうは「進級、卒業、進学、就職するために、しっかりと学習しなければならない」と解釈することができましょう。 

ではひきつづき、【事理・人生の道理】を説くフレーズを紹介します。
11. 这属于正常。
12. 时代不同了,很多事情都在变。
13. 儿女孝顺父母是天经地义,是不能改变的。
14. 他们那么做,自然有他们的道理。
15. 既然我这么定了,自然有我的道理。
16. 天下不可能有这么多的巧合。
17. 这么简单的道理还要我解释吗? 
18. 你这样想就很容易懂了。
19. 他这个举动只有一种解释: …。
20. 谁是谁非自然有个水落石出。


★語注;
天经地义tiān-jīng dì-yì;【名詞】永久不変の真理/人として常に守るべき道 ●水落石出 shuǐ luò shí chū;【成語】水が引いて、水底の石が現れる/真相の全容が明らかになる ●巧合 qiǎo-hé;【動詞】偶然に一致する

★解説 :
▲例文11“
这属于正常。”は「これで正常なのです/これは正常の範囲内に収まっています」。無理解や偏見によって事態は異常だとみる人を説得したり、なだめたりするときの常用句。

▲例文12“
时代不同了,很多事情都在变。”は「時代は移り変わり、多くの事柄はみな変化の最中にあります」。

▲例文13“
儿女孝顺父母是天经地义,是不能改变的。”は「子供が親に孝行するのは、人として常に守るべき道であり、変えることはできないものです」。

▲例文14“
他们那么做,自然有他们的道理。”は「彼らがそうするのには、おのずと彼らなりのわけがあるはずです」。▲例文15“既然我这么定了,自然有我的道理。”は「私がこうと決めたからには、当然、私なりのわけがあるのです」。

▲例文16“
天下不可能有这么多的巧合。”は「この世に偶然の一致がこんなに多く重なることはあり得ない」。発生する確率が極めて低い事象だから、とうてい信じられないと説く言い方。

▲例文17“
这么简单的道理还要我解释吗?”は「こんな簡単な道理を私からあらためて説明する必要などあるでしょうか」。「簡単な道理」とは誰もが認める常識のこと、それが分からないと人から非常識だと思われるよ、と言わんばかりの説得法。

▲例文18“
你这样想就很容易懂了。”は「このような考え方に立てば、容易に理解できるようになりますよ」。事理に疎い相手に対して、自分の信じる正しいものの考え方をソフトタッチで教え諭す言い方。

▲例文19“
他这个举动只有一种解释: …。”は「彼のこの行動は、…としか考えられない/…としか説明がつかない」。人間の行動の背後にある動機・意図・原因は掴みにくいものですが、事実に基づく合理的な推論は、それなりの説得力を持つものです。そんな時の決まり文句がこのフレーズ。

▲例文20“
谁是谁非自然有个水落石出了。”は「誰が良いか悪いかは、おのずとわかってくるものです」。物事の是非、真理は存在するし、しかも時が経つにつれて誰の目にも明らかになるものだと教え諭す言い方。

★【人生の道理・事理】に関することわざ・格言・成語 
天意民心不可违---天意民心に背くことはできない。●天有不测风云,人有旦夕祸福---この世は変転極まりなく、人の禍福も予測がつかない。●时代沧海桑田---時代の移り変わりの激しいことの喩え。

假的真不了,真的假不了---偽物は本物になれないし、本物も偽物になれない/虚偽はあくまで虚偽、真実はあくまで真実、互いにすり替わることはない。

カラスハクロイ、 クロイハカラス
哪座山的老虎不吃人?---どこのトラもみな人を襲うものだ●天下乌鸦一般黑---天下のカラスはみな黒い/悪党はみな腹黒い

事出有因---事が起こるのには原因がある/火のない所に煙は立たない●近朱者赤,近墨者黑---朱に近づけば赤くなり、墨に近づけば黒くなる/悪友に感化される

江山易改秉性难移---山河は容易に移り変わるが、人の本性は変わることがない/三つ子の魂百まで

钱是身外之物,生带不来,死带不去---金銀財宝はみな身の外の付属物に過ぎない。生まれるときに持って来ることはできないし、死ぬときに持って行くこともできない【第54話参照】

历史无法改变,但未来可以塑造---歴史は変えることはできないが、未来は創ることができる。

★語注;
旦夕dàn-xī;【名詞】明け暮れ/時間が切迫するたとえ。“旦夕祸福”=朝は幸福でも、夕刻には災いがやってくる。●沧海桑田cāng-hǎi sāng-tián;【成語】青々とした海が変じて桑田となる

次回は経験則・生活の知恵を用いて説得するスタイルについて、日常の卑近なフレーズおよび関連することわざ・成語・格言を取り上げます。
(次回第66話に続く)