-中国語あれこれ
--鄭老師の漫談--
(53)中国語会話 中級プレミアム・レッスン
【 悔悟・謝罪の表現 】
现在想来,我真不应该。/对不起,我一时冲动。
前話の流れを引き継いで、悔悟・謝罪に関するさまざまな表現を取り上げます。中国人の謝罪の言葉はストレートに自分の心を曝け出し、相手の心に強く働きかけて、許しを乞い求める傾向が強い。そこには人生観や人間に関する智恵が色濃く反映しているように感じられる。

例えば、“
我不好,我检讨;我不对,我有罪;是我错,我改过。请你再给我一次机会。(私が悪かった、自己批判します。私が間違っていました、罪を犯したのです。たしかに私の過ちです、心を入れ換えます。もう一度私に機会を与えてください。)”は一つの典型です。また“如果你不能原谅我,我也就无法原谅我自己了。”もすこぶる哲学的で味わい深い。直訳すると、「もしもあなたが私の過ちを許してくれないならば、私は自分自身を許す術を失うことになります」。つまり、「あなたが私を許すまで、私もとうてい自分自身を許すことができません」というわけです。

含みのある言い方、或いは婉曲な表現や折り目正しい言葉遣いを好む傾向のある日本のみなさんには、前掲の例文よりもう少し「温和」で、使えそうな語句を紹介したいと思います。

【悔悟】
1.我很后悔当初没听你的劝。
2.我无知,坏了大事。
3.由于我的过错,差点儿酿成大祸。
4.我真后悔当初发此善心。
5.现在想来,我真不应该。
6.世无完人,谁都有错。只要能醒悟就好。
7.我们犯了严重的错误,大家都有责任。
8.我曾经对不起过你。


后=後 劝=勧 无=無 坏=壊 险=険 让=譲 严=厳

★語注;
当初 dāng-chū;名詞・当時/あの時/最初 ●差点儿 chà-diǎnr;副詞/差点儿+動詞句もう少しで…するところだったが、結局その不都合な事態は発生しなかった●酿成 niàng-chéng;動詞句・醸成する/(しだいに)…を引き起こす ●善心 shàn-xīn;名詞・慈悲深い気持/同情心  发善心;同情心を示す/情けをかける 发此善心;そのような情けをかける(※文章語) 
醒悟 xǐng-wù;動詞・迷いから覚める/悟る/過ちに気づく

★解説;
●例文1
“我很后悔当初没听你的劝。”は「あの時、あなたの忠告を聞き入れなかったことを私はとても後悔しています」。

●例文2
“我无知,坏了大事”は「私の無知のせいで、大事を台無しにしてしまいました」。

●例文3
“由于我的过错,差点儿酿成大祸。”は「私の過失によって、危うく大きな災難を引き起こすところでした」。

●例文4
“我真后悔当初发此善心。”は「あのとき親切心を起こしたことをものすごく後悔しています」。「相手に慈悲をかけてあげたのに、まさか裏切られるとは思わなかった」とその悔しさを吐露しています。

●例文5
“现在想来,我真不应该。”は「今にして思えば、そうするべきではなかったとつくづく反省しています」。「冷静に考えると、あの時やってはいけないことをやってしまった」と深く悔やむ表現。

●例文6
“世无完人,谁都会有错。只要能醒悟就好。”は、「この世に完全な人などいません。誰でも過ちはあるものです。過ちに気づき、悟りさえすればよいのです」。

●例文7
“我们犯了严重的错误,大家都有责任。”は、「私たちは重大な過ちを犯しました。私たち全員に責任があります」。

●例文8
“我曾经对不起过你。”は「私は以前あなたに申し訳ないことをしてしまいました」。
トニカク ゴメンナサイ
【謝罪・陳謝】
1. 对不起,我用词不当。
2. 对不起,我把话说重了。
3. 我错了,我正式向你道歉。
4. 对不起,委屈你了。
5. 对不起,我一时冲动。
6. 我一时失态,请多包涵。
7. 我错怪了您,还请多原谅。
8. 以前对不住的地方请多包涵。


★語注;
道歉 dào-qiàn;動詞・謝る/詫びを入れる道 dào;動詞・(意思を)述べる/歉 qiàn 名詞・人にすまないという気持類似表現;道喜;お祝いを述べる 道谢;礼を言う●委屈 wei-qū;動詞・交際語・つらい/いやな/窮屈な思いをさせる ●一时 yī-shí;副詞・急に/とっさに/一瞬/ふと/不意に ●包涵 bāo-hán;動詞・挨拶語・大目に見る/容赦する ●错怪cuò-guài;動詞・誤って人を責める/(人の言動を)悪くとる

★解説;
●例文1
“对不起,我用词不当。”は「言葉遣いが不適切で、申し訳ありませんでした」。

●例文2
“对不起,我把话说重了。”は「言い方がきつ過ぎてしまい、申し訳ありませんでした」。
“说重shuō-zhòng”は、例えば叱責、反論などが度を過ごし、相手の感情を害するほど辛辣であることを指しています。

●例文3
“我错了,我正式向你道歉。”は「私の間違いでした、正式にお詫びいたします」。

●例文4
“对不起,委屈你了。”は「申し訳ありません、あなたにいやな思いをさせてしまいました」。
コレデ ユルシテ…
●例文5
“对不起,我一时冲动。”は「一瞬カッとなってしまい、申し訳ありませんでした」。“冲动”理性を失い、いきり立つ/自制できずに興奮する

●例文6
“我一时失态,请多包涵。”は「一瞬失態を演じてしまいました、どうかご容赦ください」。思わず見苦しく取り乱したことを後悔して謝る言い方。

●例文7
“我错怪了您,还请多原谅。”は、「誤ってあなたのことを咎めてしまいました、どうかお許しください」。このフレーズの中の副詞“还”は、「私はあなたに対して無礼なことをしてしまいましたが、それでもどうかお許し願いたい」という意味合い。

●例文8
“以前对不住的地方请多包涵。”は「以前あなたに大変すまないことをしてしまいました。その点はどうかご勘弁ください」。

●このほかにも、わりと親しい間柄の人には、“
就算给你赔个不是了。(私が悪かった、謝るよ)”がよく使われる。改まった表現では、“如有不周之处,请各位见谅。(もし行き届かない点がありましたら、皆様どうか大目に見て、お許しください)”や、“是我失言,还望您海涵。(確かに私の失言でした。何卒ご海容ください)”などがあります。

次回のテーマおよび内容はまだ決めていませんが、すでに各ジャンルの日常会話の材料はたくさん集めてあります。長丁場の講座になると思いますが、ひきつづき、プレミアム・レッスンにご期待くだされば幸いです。
(次回に続く)