-中国語あれこれ
--鄭老師の漫談--
(24)中国語会話 初級=ワンポイント・レッスン
日常挨拶・社交用語(1)
“您来啦!”“最近还好吧!”

 まず余談から始めますね。観葉植物の多くは熱帯・亜熱帯産だといわれる。家庭園芸でも人気品種のゴムの木などは、初夏あたりから勢い盛んに新芽を伸ばしてきたのに、8月初旬あたりから成長が止まり出し、また繁殖力の強いガジュマルも9月半ばには新芽を出さなくなっている。植物たちは季節の移り変わりをいち早く察知し、秋の訪れをじかに感知しているにちがいない。もう残暑も残りわずかである。

 ところで、残暑を中国語で
“秋老虎 qiū lǎo hǔ”という。待望の秋が「虎・トラ」だなんて、日本の人々には大いに違和感があるかもしれない。しかし、第五話でお話したとおり、中国人が一番恐れてきたものが「虎」なのである。残暑の猛威を虎に例える点からして、中国人は健康維持の面で残暑に対して警戒心が高い。夏場の酷暑に体力が消耗しているところへやって来る残暑期間は、いわば夏の太陽と秋の風がせめぎ合うとき。そんな初秋の乾燥した気候が湿潤をよしとする肺・胃などにダメージを与えやすい、というのが漢方の診たてのようだ。総じて大陸性気候の中国大地、そこでの残暑は海洋国家の日本よりも一段と厳しい点も見落とせない。日本でも、季節の変わり目は発病しやすいといわれるから、“秋老虎 qiū lǎo hǔ”というネーミングはあながち大袈裟だとも言えないですね。

 さて、今回の中国語初級会話レッスンには日常挨拶用語を取り上げます。

①您来啦!  ようこそ、お出でになりましたね!
②最近还好吧。  近頃(あれから)相変わらずお元気そうで。
③你一点儿也没变啊!  あなたは少しもお変わりありませんね。
④你还是老样子。  あなたは相変わらずですね。
⑤这边儿请。  こちらへどうぞ。
⑥请这边儿坐!  どうぞ、こちらのお席へ。
⑦再多坐一会儿吧。  もっとゆっくりしていきなさいよ。

☆解説

 初対面でもない中国人に対して、挨拶がいつも
“你好!”“您早!”などと一点張りなのも味気ないものです。そこで“上班啊?(ご出勤ですか?)”“上街啊?(街へお出かけですか?)”“上学啊?(学校ですか?)”“出门儿啊?(お出かけですか?)などと、相手の日常行動に関心を示す言い方がよく使われる。また待ち合わせの場所に現れた相手に対しては、“您来啦!”と呼びかけるのがよい。相手を目的の場所まで誘導して落ち着いてもらうには、“这边儿请”“请这边儿坐”と言えばよい。もし相手が有名人なら、“大名久仰!(ご高名は、かねがね伺っております)というやや古めかしい言い方もありますし、憧れの人なら、“某某先生,幸会,幸会!(お目にかかれて、幸せに存じます!)と言いながら熱烈に握手するのがお似合いです。

 
还=還 变=変 样=様 边=辺 请=請

☆語注
「啦!」「了 le」「啊!  a」が合体したもの。ここの「了」は動作完了と変化確認の語気を兼ねる。☆「一点儿也没…… yì diǎnr yě méi……」は「少しも……していない」。 「一点儿」は「少し、少量」の意味。 ☆「老样子 lǎo yàngzi 」「老」は「元の」、「従来の」、「样子」は「姿かっこう」。

---味な言い回し・表現---

 
你来了就是最好的礼物。 あなたが来てくれたこと自体が、私にとって最良の贈り物です(わざわざプレゼントを用意する必要などありませんよ)。

 
我们今天的努力,就是为了明天的收获。 我われの今日の努力は、ほかでもなく明日の収穫のためである。
                        (次回に続く)