-中国語あれこれ
--鄭老師の漫談--
(22)中国語会話 初級=ワンポイント・レッスン
感情表現 ---自分の思いを伝える (2)

 中国人との会話交流において、率直に感情を表現することは大事なポイントです。シンプルなフレーズでも、それを用いて自分のその時々の心理状態、心境を的確に表現すれば、それが相手の心にダイレクトに伝わり、あなたの存在感はグッと強まるはず。付き合いが深まるきっかけにもなるものです。もちろん交際において、礼儀はそれなりに大事ですが、あまり礼儀作法に囚われると、仲が深まりにくくなることもよく経験するところです。礼儀正しい日本の皆さんには、その点に留意が必要だと思います。そこで、先回の補完として、今回は苦・哀・悲・怒・怨など、主にネガティブな感情を表現する簡単な語句を集めてみました。

1、我很烦。   私は苛立っている(悩んでいる)。

2、我很担心。  私はとても心配だ。

3、我很后悔。  私はとても後悔している。

4、真伤脑筋!  ほんとうに頭が痛い!/なんて悩ましいことだ!

5、真急死人!  いらだたしいったらありゃしない!

6、我太失望了。 私はすごく失望している。

7、真让人伤心。 ほんとうに悲しいことだ。

8、这真遗憾!  これは本当に残念だ!

9、他骗了我,真讨厌。  彼は私を騙した、ほんとうに憎らしい(癪にさわる)。

10、他太欺负人了。  あまりにも人をばかにしているよ。

11、我真傻!   私は馬鹿だった!/馬鹿なことをしてしまった!

12、我真冤啊!  私は本当に馬鹿を見たよ!/濡れ衣を着せられて、実にくやしいです!

13、这可太吓人啦!  そりゃー、すごく怖い(ぞっとする)話だ!

14、糟糕!忘带雨伞了。  しまった!傘を持って来るのを忘れてしまった。

15、我今天真倒霉!   今日は本当についてないよ!

16、真倒霉!又白跑了一趟。  本当についてない!また無駄足を踏んでしまった。

17、我今天心情不好。   私は今日、不機嫌なんだ。

18、对不起,我情绪不太好。   ごめんね、私はいま、ちょっと不機嫌なの。

19、我心里堵得难受。    私は気が滅入って、やりきれないよ。

20、太闷热了,我受不了。   蒸し暑すぎて、我慢できないよ。

21、
在屋里憋得难受。   部屋に居ると、気が滅入って仕方がない。

----
我想出去散散心、透透气。  外に出てちょっと気晴らしして、ひと息つきたい。

22、我不怨你。   あなたを恨んでいません(責めてなんかいません)。

23、请别见怪。   私を変に思わないで下さい。

24、真让我过意不去。   あなたに申し訳ないという気持ちでいっぱいです。

25、多不好意思啊!  とても気恥ずかしいですよ/恐縮の至りですよ。

26、让您久等了,非常抱歉,请原谅。
長らくお待たせしてしまい、たいへん申しわけありません。お許し下さい。

伤=傷  脑=脳  遗=遺  厌=厭  负=負  傻=儍
吓=嚇  伞=傘  绪=緒  闷=悶  谅=諒

☆ 語  注 

●急死人 jí-sǐ-rén ; 連語・人を苛立たせて死に至らしめるほどだ。フレーズの組み立ては、【他動詞「」+結果補語「」+目的語「」】。「」は単に程度の最大級を示し、死亡には直結しないやや大げさな言い方 ●伤心 shāng-xīn ; 動詞・悲しむ / 心を痛める ●讨厌 tǎo-yàn ;  嫌う/ 嫌いだ/ いやだ/ 気に食わない ●欺负 qī-fu ; 動詞・いじめる/侮辱する/ ばかにする ●傻 shǎ ; ‘形容詞・愚かだ/ 気が利かない/ とろい ●冤 yuān ; 形容詞・割りを食う/カモにされてくやしい/ばかな目に遭った/濡れ衣を着せられて無念だ ●吓人 xià-rén ; 連語・人を驚かす/人の度肝を抜くような/ぞっとさせるような ●糟糕 zāo-gāo ; 形容詞・物事がひどい、まずい、だめな状態/しまった!  ●忘带 wàng-dài ; 連語・携帯するのを忘れる ●倒霉 dǎo-méi ; 動詞・不運な目に遭う / ついてない ●白跑 bái pǎo ; 連語・無駄足を踏む/「 bái」は副詞・空しく、むだに ●一趟 yí tàng ; 数量詞・ひとっ走り。「 tàng」は助数詞・往復回数  ●堵 dǔ ; 形容詞・気が滅入っている  ●难受 nán-shòu ; 形容詞・(精神的に)つらい、やりきれない、心苦しい ●受不了 shòu-bu-liǎo ; 動詞・たまらない、堪えられない  ●憋 biē ; 動詞・憂鬱になる、悩みや不満が溜まる ●散心 sàn-xīn ; 動詞・気晴らしする ●透气 tòu-qì ; 動詞・息をつく、空気を通す  ●见怪 jiàn-guài ; 動詞・咎める 、責める、悪く思う、気をわるくする  ●过意不去 guò-yì-bu-qù ; 連語・恐縮する。

--- 味な成語・言い回し---

 苦海无边,回头是岸 Kǔhǎi wú biān,huítóu shì àn ; 罪深き人間が「生」「老」「病」「死」にさいなまされる苦界(この世)は、どこまでも果てしないが、改心すれば、彼岸(悟りの境地)に到達し、人は救われるという仏門の教え。 ●回头 huítóu; 動詞・振り返る/改心する。この成語は悪に染まった人に対する警告、忠告によく使われる。

 家无百年好,花无四季红 ; Jiā wú bǎi -nián hǎo ,huā wú sì-jì hóng . どんな家系・名門も百年と繁栄は続かないし、どんな花も四季を通じて絶えず咲きほこることはない。世の中は時代の推移とともにたえず変転し、栄枯盛衰を繰り返すものだとの無常観。歌の文句にも「好花不常开,好景不常在 ; Hǎohuā bù cháng kāi,hǎojǐng bù cháng zài ; 素適な花はいつまでも咲かないし、よいことは長続きしない」とある。           (次回に続く)